キャバクラでリピート指名を取るための営業方法

ランキングクリックお願いします♡

にほんブログ村 大人の生活ブログ キャバ嬢・ホステス日記へ
にほんブログ村

 

 

今回はキャバクラで指名を取るための営業方法について書いていきます。

 

わたしはキャバクラの営業方法や接客方法には正解はないと思ってます。

なので間違いもないんじゃないかな、とも思っています。

どんな営業方法でもお客様が来てくれれば成功だし、来てくれなければ失敗。

ここではわたしの経験談として比較的指名を増やすのに効果的だった営業方法を書いていきます。

 

今回は新規のお客様、フリーのお客様をリピート指名で返すための営業方法を書いていきます。

 

スポンサードサーチ

 

お礼の連絡を必ずする

フリーで着いたお客様にはその日のうちにお礼の連絡をしましょう。

 

さっきはありがとうございました♡

●●さん話しやすくて楽しかったです!

さっき●●さんから教えてもらった映画観てみますね!

またお話出来たらいいな^^

だいぶ飲んでたし気をつけて帰ってください♡

こんな感じのLINEやメールを送ります。

話した内容など入れておくことが大切です。

「ああ、あの話した子か!」と少しでもお客様に印象つけましょう。

自分以外にも数人他の女の子がついたらなおさら印象付けは大事です。

お客様がお店を出られてすぐのタイミングで送るのがオススメ。

運がよければ次の店が決まらずに、その日のうちに指名で帰ってくることもあります。

 

次の日に電話をワン切りしてみる

わたしが実際にやっていて効果的だったのがこの方法。

LINEの通話でもいいんですが、お客様が来店した次の日に電話をワン切りしてみましょう。

時間はちょうど仕事が終わる時間帯がいいので夕方くらいで。

なぜワン切りかと言うと、

相手が掛け直してくるかどうかが鍵なんです。

着信を見て掛け直してきてくれたお客様には電話営業OK時間が合えば電話で話せるお客様と言うことになります。

かけて直してくれたお客様からの電話はきちんと出て
「ごめんね!手が当たって間違えてかけちゃった。昨日はありがとうございました!」

みたいな感じでちょこっと世間話しをしましょう。

電話営業するときのコツはあまり長電話はしないこと。

電話で話せるからお店に行かなくていいや、なんて思われたらたまったもんじゃありません。

どうしてもLINEやメールだと文章のやり取りになるので、直接的なお願いをする際は電話の方が営業しやすい面があります。

なので電話OKとわかれば営業がしやすいお客様にカテゴリー分けされますね。

半分が掛け直して来ないお客様だと思いますが、その場合でも意味はあるんです。

電話をかけてきた子、と言うだけで相手には印象が残るはずです。

【電話なんだったー?】とメールやLINEがあれば「手が当たってかけちゃったみたい」と返せば大丈夫です。

この方法では、どちらにしてもお客様に印象を残せるし今後の営業方法も決められるのでオススメです。

 

スポンサードサーチ

 

定期的にLINEを送る

お礼のLINEや電話を終えたら、次の日から定期的に連絡をしましょう。

来店日、来店の次の日、来店の次の次の日の3日間くらいは毎日連絡しましょう。

それ以降はお客様の反応を見て連絡する頻度を考えていきます。

食いつきのいいお客様には毎日のように連絡していいと思います。

そっけないお客様や返信のないお客様には週に1、2回に落としても大丈夫です。

ここでポイントなのが、お昼休みをめがけて連絡すること。

わたし自身もキャバクラで働き初めの頃は夕方に営業メールを送っていましたが

ボーイさんから教わってお昼休みめがけて連絡するようにしました。

するとなんと、お昼に連絡するだけで

お客さんからの返信率が上がって、指名で返ってくる数も増えました!!!!

ボーイさんが言うにはキャバクラに飲みに行くような人は半数は所帯持ちなので、

夕方や夜に連絡しても既に家で連絡が返せないことが多いらしいです。

昼間に連絡したとしても、時間差返信で夕方や夜に返信があることも多かったんですけど、

絶対に昼間に連絡したほうが返信率が高いです!

おそらく夕方や夜は忙しい時間帯なので連絡が来ても気づかないことが多かったり、寝てしまって返信しそびれたりするんじゃないかと思います。

昼間に連絡すれば、LINEが来たことには気づくし、帰りの電車の中で返信してくれたりしてるのかなー、と感じました。

 

昼間に連絡すればLINEやメールを読んでくれる確率が高いと言うことですね^^

昼間に連絡することのもう1つのメリットは

サラーリマンさんは昼間のうちに飲みに行くことを決めるらしいです。

「連絡よくくれるからそろそろ行かなきゃまずいな。後輩誘って今日行こうかな。」

みたいな感じで飲みに行くことを決定するらしいですよ。

他にも、もともとあった飲み会の2次会や3次会の店も当日決めるらしいので

昼間のうちから連絡を取っておけば夕方営業のキャバ嬢と差がつけられます。

 

まとめ

今回はフリーのお客様を指名で返すための営業方法を書きました。

初歩的な営業方法ですが、徹底してやれば必ず数字に繋がります。

次の日のワン切りと、お昼の時間帯に連絡する営業方法はとにかくオススメです。

それだけで指名本数がだいぶ伸びたので、試してみる価値はあると思います。

 

ただ、毎日飲みに出るお客様ばかりではないので、結果が出るまでには時間がかかるかもしれませんが、連絡を取っていれば早いお客様だとその日のうちや次の日、1週間以内に来店してくれます。

コツコツと努力を続けていれば自然と指名は増えて行くので、今回紹介した営業術、是非試してみてください。

 

 

↓このブログを応援してくださる方はクリック&シェアお願いします↓


水商売ランキング